ボルダリング【ステミング】 中級必須!! 凹角を制する4つの方法とは?

スポンサーリンク

 


中級以上のルートでは現れる頻度の高い2つの壁に挟まれた凹角部分。どう進んでいくか・・・難しいですよね。

今回はそんな時役立つムーブを紹介します。

このムーブは抜群の安定感を生み出し、両手を離したレスティングも可能となるので、

マスターすればバランスの悪いルートも難なくクリアできるでしょう!

また、外の岩場では必要不可欠となるムーブなので、フリークライミングを目指すクライマーさんは必ず練習しておきましょう!

 

ステミングを使うシチュエーション

・2つの壁に挟まれた凹角部分

・足をかけやすいフットホールドがあるとき

 

ムーブの流れ

”https://youtu.be/iazQou-36sE”

 

”https://youtu.be/N0Vn-19kRg4”

ステミングとは両足(もしくは両手)の突っ張りを利用して、カラダを安定させ次のホールドをとりやすくするムーブ。

このムーブの流れとしては・・・

  • ステミングでカラダを安定させるフットホールドを探しておく。
  • 大きく両足を開き拇指球でフットホールドをとらえる。
  • 両足を左右に広げて突っ張りながら、上半身を壁の凹角部分に入り込ませる。
  • 上半身と下半身をしっかりと安定させる。
 

各動作のポイント

  • カラダを安定させるフットホールドを探す

まずは、カラダを安定させやすいフットホールドを探しておきます。

しっかりと足の力をいれてフットホールドをとらえられるように、なるべく大きめのフットホールドを選んでおくといいでしょう。

 
  • 両足を大きく開き拇指球でフットホールドをとらえる。

足を大きく開いて、両足でフットホールドをとらえます。

フットホールドを押さえるイメージで、つま先ではなく力の入りやすい拇指球でしっかりととらえましょう。

この時、柔軟性に自信がないクライマーさんはカラダを大きく上に引き上げると下半身の負担が少なくなり、体制が楽になります。

 
  • 上半身を壁の凹角部分に入り込ませる。

両足を左右に広げ突っ張りで下半身を安定させたら、上半身を壁の凹角部分に入り込ませます。

 
  • 上半身と下半身をしっかりと安定させる。

上半身も安定させることが出来たら、下半身の突っ張りだけで両手を離すことも可能になります。

レスティングをするならこのタイミングで一度入れてみましょう。

 

また、足の突っ張りを手で応用することができます。

ルートのスタートから必要となってくることが多いので、足と同様に両腕で突っ張りカラダを安定させる練習もしておきましょう。

 

プラスα

ステミングの応用

通常のステミングは壁とカラダの正面が向き合った状態で行いますが、応用として壁に背中を向けた状態でのステミングも可能です。

その場合、上体が壁から引き剝がされやすいのでうまくバランスをとるようにしましょう。

 ”https://youtu.be/6xndOJK0OgM”

 

最後に

凹角部分は中級以上であれば確実にルートで多くなってきます。

ステミングを使えないとクリアするのは難しいので、マスターしておくと確実に今後役立つムーブとなるでしょう。

・カラダを安定させやすいフットホールドを探しておく。

・両足を大きく開き、フットホールドを拇指球でとらえる。

・上半身を壁に入り込ませて、下半身の突っ張りだけで両手を離せる状態にする。

ステミングが出来れば凹角は怖いものなし!!

マスターしてどんな凹角ルートも恐れずチャレンジしていってください。

こなせるようになれば自信にもつながるので、よりボルダリングが楽しくなるでしょう!

 

今回参考にした動画

 

”https://youtu.be/iazQou-36sE”

岩場でのクライミング動画(英語)です。ボルダリングでも使えるムーブについてステミングだけでなく「バックステップ(アウトサイドエッジ)、ドロップニー(キョン)、フラッギング…など」たくさん紹介しています。特に、岩場でクライミングを考えている人は2:25からの「マントル」は要チェックです!!

 

”https://youtu.be/N0Vn-19kRg4”

あまり登りが上手とはいえませんが、壁に向かった屋内でのステミングの動画です。ホールドを母指球でとらえていますね。

 

”https://youtu.be/6xndOJK0OgM”

杉田先生の動画です。ステミングのポイントを解説しながら、壁に対して後ろ向きのステミングを実演してくれます。初心者の方はまずこの動画からステミングの概要を把握するのがおすすめです。また、レスティングができる体勢もきちんと教えてくれます。

投稿者プロフィール

akikubobouldering
akikubobouldering
「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。
ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。

ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。
そんな私が、
初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。
それは日本にボルダリングを広めることにもなる。
そんな思いでサイト運営しています。

プロフィール詳細へ
スポンサーリンク

akikubobouldering

「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。 ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。 ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。 そんな私が、 初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。 それは日本にボルダリングを広めることにもなる。 そんな思いでサイト運営しています。 プロフィール詳細へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です