睡眠の質を高めるには「時間」を極めること!!忙しくても関係ない快眠の新生活

スポンサーリンク


どうも、あきくぼです。

 

 

日本人の平均睡眠時間は

世界的にワーストクラスって知ってましたか!?

 

世界29カ国から

ランキングするとワースト1位が韓国。

その次に短い日本は平均7時間43分でした。

(ちなみに1位は南アフリカの9時間22分)

 

韓国は日本より苛烈な受験戦争してますからね

いろいろギスギスしてシビアなイメージです。

 

日本人はまじめで勤勉だからこそ

労働時間も世界的に長いですからね。

 

そのせいですかね。

 

さてさて、今回は

質のいい睡眠をとりたいと

思いながらも

 

わざわざ睡眠グッズを買うのに

お金を使いたくない

 

忙しくてそのための時間がない

っていうか

 

そんな時間あったらそれこそ寝るわ!!

 

って人向けに

全く道具無しに

かつ

生活習慣もほとんど変更することなく実践できる

 

そんな画期的睡眠習慣をお伝えします。

睡眠の最適な時間、うそ、ほんと

 

睡眠のゴールデンタイムは

22時から午前2時じゃない

 

人間の脳は

体内の回復が早い時間帯があり、

それが「午後10時から午前2時」

この時間帯は回復に関わる成長ホルモンが多く分泌される

とよく言われていますが

 

実は最近の研究で、この説には根拠がないことがわかりました。

 

これって結構驚いたんですよね。

あれだけテレビ番組や睡眠の本で解説されていたんですが

いまでもネットで検索すると

 

22じから2時の間に寝るべきだって記事を

いろんなサイトが書いてます。

 

大体のサイトがネットで調べたことをネタに

また記事を作成しているのでコピペ情報が

蔓延してしまってますね、、、

 

ただ、健康的な生活を送っている人

がこの時間には寝ている傾向があったので

そういった結果がでたんじゃないかと。

 

でも、実は大事なのはそこじゃなかった。

 

重要なのは寝始めてからの3時間

「寝始めてから3時間が睡眠のゴールデンタイム」

 

睡眠時間全体のうち

回復のほとんどは

最初の3時間で行われます。

 

 

 

同じ時間の長さ睡眠を

とったとしても

ぐっすり眠れるときとそうでない時があります。

 

その違いは

いい睡眠をとれたかどうか

 

その鍵になる要素は

・食生活

・運動

・生活リズム

など

 

いろいろありますが

もっとも手早いのは「寝る時間を決める」こと

 

そして、

「朝日をしっかり朝にあびること」

 

 

体内リズムを整える

日光で脳をきちんと日中覚醒させることで

自然と夜に眠くなる。

 

毎日なるべく同じ時間にねることで

その時間が近づくと自然と眠くなっていきます

 

朝日や時間を決めること以外に

もう一つ非常に大切なことがあります

質のいい睡眠と運動の相乗効果

 

それは「運動」です。

激しく運動した日のよるって勝手に眠くなりますよね。

 

まさにそれです。

 

しかも「質のいい睡眠」とると

運動のパフォーマンスもあがるんです

 

運動の成果あがるといいですよ!!

普段よりたくさん練習する気になるので

夜眠くなるのが当たり前になります

 

それでまた、快眠すると運動の意欲がわいて

運動の成果が上がる→快眠→運動→快眠→また運動の成果があがる

特にここでボルダリングは最適なんです

 

練習すればするほど

上の課題ができるようになる

まえよりスムーズに登れていると

目に見えて実感ができる

 

運動と睡眠の好循環に入れるんです!

 

ランニングはタイム測ってても

私はあまりモチベーションが上がらないので

級を設定しているボルダリングはあってましたね

 

体内時計がわかるといつ何をすればいいかわかる

 

さて、寝る1時間〜30分前に入浴するとよく眠れるって

いいます。

 

あれはなんでかっていうと

体内の温度が低下しているときに

人間は眠くなりやすいからです。

 

体内の温度を「深部体温」とか言うんですが

 

お風呂にはいって温まると

寝るための深部体温低下がスムーズになるんです。

 

 

さっき話した寝る時間の固定は

このリズムをスムーズにする一つの方法ですね。

 

 

ちなみに体内時計は例えば


引用:朝日新聞DIGITAL(http://www.asahi.com/articles/photo/AS20171003003911.html)

 

こうなっています。

 

朝型、夜型の人とそれぞれあるので

ぜったいではないですが、おおよそこのリズムといわれます。

人間の遺伝子には体内時計を司る

ものがあるみたいですね。

 

体内時計にあった時間に運動すると

練習の効果が高まるんですがそれについては

こっちで記事にしています

朝昼晩 何時に運動すると良いの!?運動効果を最大限に

 

 

快眠には規則的生活が結局、、、、

 

・睡眠ははじめの3時間が肝心

・寝る時間を固定せよ

・朝日、時間の固定、運動が快眠の秘訣

・体内時計のリズムが生活リズムをスムーズにする

 

日本はなんと睡眠不足による経済的損失が

年間3兆5千億にもおよぶと見積もられてるそうです。

 

睡眠は体のメンテナンスと

脳の休息、、、

 

それが不十分だと

運動も仕事もできませんよね、

 

睡眠不足は免疫を弱めて

病気にもかかりやすくなってしまうので

悪いことしかありません、、

 

 

まずはたった3日でいいので

時間の固定からはじめてみるのが

おすすめです

 

次回はボルダリングでも大事な姿勢が

睡眠でも重要、、、姿勢がいかに生活に影響を及ぼすか、についてです。

投稿者プロフィール

akikubobouldering
akikubobouldering
「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。
ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。

ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。
そんな私が、
初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。
それは日本にボルダリングを広めることにもなる。
そんな思いでサイト運営しています。

プロフィール詳細へ
スポンサーリンク

akikubobouldering

「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。 ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。 ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。 そんな私が、 初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。 それは日本にボルダリングを広めることにもなる。 そんな思いでサイト運営しています。 プロフィール詳細へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です