ボルダリング【レスティング】 ○○するだけ!? 効果抜群リフレッシュ方法とは??

スポンサーリンク

 


「あと少しでルート達成・・・!」

そんな時、無理をしてホールドに手を伸ばしてしまう・・・なんてことはありませんか?

せっかく進んだルートもホールドをとり損ねてしまったら勿体ない!

 

そこで今回は、リフレッシュ効果も抜群な次のムーブがぐっと楽になる方法を紹介します!

 

このテクニックを使えば、次のホールドがとり易くなり、より難度の高いルートも目指していけるでしょう。

 

レスティングを使うシチュエーション

・疲れを感じた時

・集中力を高めたいとき

・次のホールドをとる直前

 

テクニックの流れ

”https://youtu.be/EoP4tPLynpo”

レスティングとは、手をシェイク(ブラブラと振る)させることで、血流を戻し、手のホールドの保持力を回復させるテクニックです。テクニックの流れとしては・・・

 

  • ホールドをしっかりと持てている場合、両足の間に重心(おしり)がある状態をキープする。
  • 血流を戻しやすくするため、心臓よりも下で手を振りレスティングする。
  • カラダが安定していない時やムーブの途中でもレスティングは可能。
  • 次のホールドを持つ直前にレスティングすると効果的。
 

各動作のポイント

  • ホールドをしっかりと持てている場合、両足の間に重心をおく。

しっかりとカラダが安定しているとレスティングがとてもしやすいです。

ホールドが持てている場合は重心をしっかりと足の間におきましょう。

 
  • 心臓よりも下で手をシェイクする。

手をシェイクさせるレスティングでは、手の血流を戻すことが大切です。手は心臓よりも下でシェイクするようにしましょう

 

また、ボルダリングは無酸素状態になりやすいので、呼吸を意識することでメンタル面のレスティングにもなります。

集中力の高まりにもつながり、次のホールドもとり易くなるので、しっかりと呼吸も意識しましょう!

  • ムーブの途中やカラダが安定してない時もレスティングは可能。

バランスの悪いシチュエーションやムーブの途中でも、レスティングは可能です。

困難なルートで一息つく効果もあるので、そんな時こそレスティングを使ってみましょう。

 
  • ホールドを持つ直前のレスティングも効果的。

ホールドを持つ直前にレスティングすると血流が戻り、次のホールドがしっかりととり易くなります。

また、カラダがしっかりと安定していると、シェイクするポイントを増やすことができます。

きれいなフォームでのムーブを心がけましょう。

プラスα

手を払って汗をとることもレスティング

手をシェイクさせる以外にも、ズボンで手を拭いたり、パンパンと払うこともレスティングの一つです。

手の汗をとることもでき、メンタル面の回復目的で行っているクライマーさんも多いです。

是非試してみましょう!

 

最後に

ボルダリングは集中して行うことが大切ですが、集中するあまり、思いのほか体力が消耗していることに気づかないなんてことも・・・

効率よくルートを達成するには、ただガムシャラに次のホールドをとりに行くだけではいけません

一度体や気を休めることで、より効率の良いルートの達成にもつながるでしょう。

 

・カラダを安定させてレスティングをしやすい状態にする

心臓よりも下で手をシェイクさせ、血流の戻りを良くする。

・ムーブの途中やホールドをとりに行く直前にもレスティングをいれるようにしてみる。

 

一度レスティングをいれるだけで次のムーブがぐっと楽になります!

また、リフレッシュにもつながり、ルートの達成にも大いに役立つので、こまめにレスティングをいれるようにしてみましょう。

今回参考にした動画


”https://youtu.be/EoP4tPLynpo”

今回の動画は岩場でのクライミングです。屋内壁のようにスイスイ登っていくジョナサンの動きは圧巻です。腕をまげてつかんでいると一気に疲労がたまることも伝えています。また、多くのクライマーがホールドを強く握りすぎていることも指摘しています。

投稿者プロフィール

akikubobouldering
akikubobouldering
「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。
ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。

ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。
そんな私が、
初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。
それは日本にボルダリングを広めることにもなる。
そんな思いでサイト運営しています。

プロフィール詳細へ
スポンサーリンク

akikubobouldering

「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。 ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。 ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。 そんな私が、 初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。 それは日本にボルダリングを広めることにもなる。 そんな思いでサイト運営しています。 プロフィール詳細へ

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. ゆう より:

    初めて拝見させて頂きました!
    とってもわかりやすくてありがたいです!

    ボルダリング歴2年ほどなのですが、コンビネーション系のムーブがうまく決まらずに伸び悩んでいます。。。

    練習法などありましたら記事内していただけると幸いです!

    • akikubobouldering より:

      ゆうさん!コメントありがとうございます。
      お返事遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
      コンビネーション、難しいですよね。私もまだまだ苦手を感じています(^^;;

      自分の苦手やどの部位を鍛えるべきか、またその練習方法について
      記事を書いていくのでまたぜひ読んで見てください。
      感想とリクエストをいただけてありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です