ボルダリング【ねじり(ダイアゴナル)】 傾斜も敵なし!? 体力温存裏わざムーブとは??

スポンサーリンク


「リーチが少ないから遠いホールドがとれない・・・」

「傾斜が強いとすぐ疲れてしまう・・・」

今回はそんなクライマーさんのために、裏わざとなるムーブを紹介します。

 

このムーブはカラダのねじりを利用して、遠くのホールドをとりやすくするムーブです。

リーチの少ないクライマーさんにとっては大きな武器になるはずです。

また、体力温存にもなるムーブなので、マスターすればより効率の良いルート達成にもつながるでしょう。

 

 

 

ねじり(ダイアゴナル)を使うシチュエーション

・傾斜が強いルートのとき

・次のホールドまでの距離が遠いとき

 

ムーブの流れ

” https://www.youtube.com/watchv=Oq2dMyXnyhM&feature=youtu.be”

ねじりとは、正対ムーブ(はしごを登るように真っ直ぐ上に進むムーブ)とは違い、カラダをねじることで次のホールドをとりやすくするムーブです。このムーブの流れとしては・・・

 

  • 正体(壁に対してカラダが正面を向いている状態)で、取りたいホールド側の足に重心をおき、カラダは少し壁から離す。
  • とりたいホールド側の腰を壁にぐっと近づけるようにしてカラダをねじり、次のホールドへとりたいホールド側の手を伸ばす。
  • ホールドをキャッチしたら、同じように次のねじりへの準備をする。
  • とりたいホールド側の腰を壁につけてねじりながら上がっていく。
 

各動作のポイント


” https://www.youtube.com/watchv=Oq2dMyXnyhM&feature=youtu.be”
  • 正体で取りたいホールド側の足に重心をおく。

はじめのポジションではまだ生体で、重心は次にとりたいホールド側の足におきます。

この時重心をかけた足を、アウトサイドエッジング(親指以外の指でホールドに立つこと)をするために、カラダは少し壁から離しておくと良いでしょう。

  • とりたいホールド側の腰を壁につけてホールドに手を伸ばす。

ねじりで大切となるポイントがしっかりと腰を壁につけること。

次のホールドに手を伸ばすとき、ぐっと腰が壁についていることでより遠いホールドを取ることが出来ます。

 

この時、重心をかけていた足は、アウトサイドフラッギング(フッドホールドを踏んでいる足よりも外側に足を出すこと。)にします。

 
  • 次のねじりへの準備をする

とりたいホールドがキャッチできたら、同じようにねじりへの準備をします。

 
  • とりたいホールド側の腰を壁につけてねじり上がっていく。

こうしてねじりを連動して使うことで、正対ムーブよりも強傾斜で力のロスを少なくすることができます。

 

プラスα

次のホールドまでの距離を計算

下を向いてねじることで、より遠いホールドをとることができます。

しかし、しっかりと次のホールドまでの距離を計算しておかないとホールドをとりそこねてしまうので注意しましょう。

 

最後に

ボルダリングでは、体力を上手くセーブして登っていくことが大切なポイントです。

このムーブを使えるようになることで、特に傾斜がきついルートでの大幅な体力の消耗を防ぐことができるでしょう。

 

・腰をしっかり壁に近づける

・下を向いてねじる際は、次のホールドの距離を確認しておく

 

このムーブをマスターして、どんな傾斜もどんどん登ってみてください!

今まで届かなかったホールドもとれるようになり、より難度の高いルートにも挑戦していけるでしょう!

今回参考にした動画

“https://youtu.be/Oq2dMyXnyhM”

動画のはじめに、初心者にありがちな力だけで登った場合と「ねじり(ダイアゴナル)」をもちいた場合の比較がされています。

登り方を見比べられる動画なので、オブザベーションの目も養えそうです。

“https://youtu.be/McZuBDgD7EE”
今回も杉田先生の動画です。初心者にありがちな腕を曲げてしまう登り方や、対角線上の足を用いることなど丁寧に解説してくれています。

投稿者プロフィール

akikubobouldering
akikubobouldering
「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。
ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。

ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。
そんな私が、
初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。
それは日本にボルダリングを広めることにもなる。
そんな思いでサイト運営しています。

プロフィール詳細へ
スポンサーリンク

akikubobouldering

「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。 ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。 ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。 そんな私が、 初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。 それは日本にボルダリングを広めることにもなる。 そんな思いでサイト運営しています。 プロフィール詳細へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です