ボルダリング【ランジ&ダブルダイノ】 ダイナミック!! クライマー憧れの花形ムーブとは

スポンサーリンク

 


「次のホールド遠すぎ・・・」

「今までのムーブじゃとりにいけない・・・」

今回はそんなホールドとホールドの間が遠いシチュエーションで活躍するムーブを紹介します。

このムーブは、遠くのホールドも一気にとりにいくことが出来るダイナミックかつテクニックも必要となってくるムーブです。

中級以上のルートでは必要不可欠となってくるムーブなので、必ずマスターして今後のボルダリングライフに役立てましょう!

 

使うシチュエーション

・より遠いホールドをとりにいきたいとき。

 

ムーブの流れ

“https://youtu.be/9ZQY-ZfimYo”

ランジ&ダブルダイノとは、下半身をバネのように反動させる動作と、上半身の引き付けのタイミングを同時に行うことで遠いホールドへ一気に移動できるムーブです。このムーブの流れとしては・・・

 

  • 両手両足がホールドに乗っている状態で、腰を深く落としおしりを壁から離す。その際にフットホールドは拇指球でしっかりととらえ、腕は伸びきっている状態にする。
 
  • 足で乗り上がるのと同時に、両腕を引き付け、一気にカラダを引き上げる。目線はつねに次のホールドから離さないようにする。
 
  • 片手か両手でタイミングよくホールドをキャッチする。
 
  • 目的のホールドをキャッチした後は、カラダの振られは最小限に抑える。
 

各動作のポイント

  • 腰を深く落とし、拇指球でフットホールドをとらえる。

スタート時は両手両足がホールドに乗った状態で、深く腰を落とし、タメをつくります。

足はつま先ではなく力の入りやすい拇指球でとらえ、カカトは下げておくと、次の動作でグンと上に乗り上げやすくなります。

 
  • 足で乗り上げ、両腕で一気にカラダを引き上げる。

フットホールドにつま先立ちになるようにして乗り上げ、

両腕で一気にカラダを引き上げます。

壁に沿って大きくジャンプするようなイメージで踏み出しましょう。

この時、目線は常に次のホールドから離さないように注意!

“https://youtu.be/9ZQY-ZfimYo”

 

  • 片手か両腕でホールドをキャッチ。

目的のホールドによって、片手か両手でキャッチします。

両手でキャッチする場合は肘を90度に曲げて、両手で抱えるようにホールドをとりましょう。

 
  • カラダの振られは最小限に。

ホールドをキャッチした後は、両足が浮いた状態となるので、どうしてもカラダの振られが大きくなりがちです。

下半身を固めるように意識することで、振られを最小限に抑えましょう。

 

プラスα

コンペティションを目指すなら必須!!

ランジ&ダブルダイノはコンペティションを目指すなら必須となるムーブです。

大会の課題として出る可能性も高いので、コンペティションを目指しているクライマーさんは特に練習しておきましょう。

最後に

最初はホールドのキャッチに手こずるかと思いますが、使えればぐっとこなせるルートが増えるので、たくさん練習して是非マスターしてください!!

また、失敗すると落下しやすいムーブなので、周りに人がいないことを確認してから練習しましょう。

・腰を深く落としタメをつくる。

・足で乗り上げ、両腕でカラダを一気に引き上げる。

・片手か両手でホールドキャッチ

ランジ&ダブルダイノは、きまるとダイナミックでとってもかっこいいムーブです。マスターして楽しいボルダリングライフのスキルアップにつなげていってください!

 

参考にした動画


“https://youtu.be/9ZQY-ZfimYo”

Cliffさんの動画です。だいぶダイナミックな動画です。

解説のための動画ですが、ダイノのあと、体のふられが非常に大きい方ですね、、、

投稿者プロフィール

akikubobouldering
akikubobouldering
「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。
ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。

ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。
そんな私が、
初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。
それは日本にボルダリングを広めることにもなる。
そんな思いでサイト運営しています。

プロフィール詳細へ
スポンサーリンク

akikubobouldering

「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。 ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。 ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。 そんな私が、 初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。 それは日本にボルダリングを広めることにもなる。 そんな思いでサイト運営しています。 プロフィール詳細へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です