ボルダリング【ハイステップ】 成功のカギはタイミング?? グンと上昇!!お役立ちムーブ!

スポンサーリンク

 


「フットホールドがあんなに上に・・・!」

高難度なルートになってくると、必ずしもフットホールドが近くにあるとは限りません。

今回はそんな時に役立つムーブを紹介します。

このムーブが使えるようになれば、次のホールドへの選択肢がひろがり、ボルダリングのスキルアップにも繋がるでしょう。

 

 

ハイステップを使うシチュエーション

・高い位置のホールドとりに行きたいとき

・近い位置にフットホールドがないとき

 

ムーブの流れ


”https://youtu.be/dEzTMwXfVro”

ハイステップとは、高い位置にあるフットホールドへ一気にカラダを上げていくムーブです。ムーブの流れとしては・・・

 
  • (とりたいホールドが右上にある場合)右足を使い、高い位置のフットホールドを拇指球でとらえる。
  • 拇指球でとらえたフットホールドに、つま先で立ち上げるようにして体重をかけ、カカトを巻き上げていく。
  • 左足をフットホールドから離し、こすり上げるように上体を上げていく。
  • カラダが安定したら、右手を伸ばしてホールドをとる。
 

各動作のポイント


<横から>

 


<後ろから>
  • 高い位置のフットホールドを拇指球でとらえる。

右足を使い、高い位置のフットホールドを拇指球でとらえるようにします。

この時、最終的につま先で立ち上がることを計算してフットホールドをとらえるようにすると、ムーブの流れがよくなります。

 
  • つま先で立ち上がるようにして体重をかける。

拇指球でフットホールドをとらえたら、つま先で立ち上げるようにして、体重をフットホールドにかけていきます。

そうすることで自然とカカトが上がってきます。

 

同時に、腕の力は極力使わずに、肩の力を利用して徐々に上体と左足を引き上げましょう。

この時、上体と左足を壁にこすりつけるようにして引き上げて行くのがポイントです。

 
  • こすり上げるように上体をあげていく。

左足をフットホールドから離し、こすり上げるようにして上体を上げていきます。

同時に体重は右方向に持っていくようにしましょう。

  • カラダが安定したら、ホールドに右手を伸ばしてホールドをとる。

しっかりとカラダが安定してからホールドに左手を伸ばしましょう。

 

この一連の流れが出来るようになったら、つま先ではなくカカトでカラダを引き上げる、応用のハイステップを使ってみるのも効果的です。

 

 プラスα

重心は完全にホールドへ

しっかりとカラダが安定することで両手を離してレスティングすることも可能になります。

しっかりとカラダを引き上げ、重心をホールドに乗せきることを意識してみましょう。

 

最後に

ハイステップでは、カラダを上に引き上げるタイミングと、下半身の柔軟性もポイントとなってきます。

カラダの硬い人は、柔軟やストレッチを入念に行うようにしてみてください。

股関節を柔らかくすることで、フットホールドをとらえ易くなり、より高い位置のホールドを目指すことができるでしょう。

 

・拇指球でフットホールドをとらえ、つま先で立ち上げる。・こすり上げるようにして上体を上げていく。

・カラダが安定してから手を伸ばしホールドをとる。

 

ボルダリングのスキルアップを目指すなら、ハイステップは確実にマスターしておきたいムーブです。

一気に上に移動できるので、ハイステップを使えば時間と体力の効率化にもつながるでしょう!

今回参考にした動画


””https://youtu.be/dEzTMwXfVro”

 


””https://youtu.be/QfrSfRHy_xU”

投稿者プロフィール

akikubobouldering
akikubobouldering
「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。
ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。

ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。
そんな私が、
初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。
それは日本にボルダリングを広めることにもなる。
そんな思いでサイト運営しています。

プロフィール詳細へ
スポンサーリンク

akikubobouldering

「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。 ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。 ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。 そんな私が、 初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。 それは日本にボルダリングを広めることにもなる。 そんな思いでサイト運営しています。 プロフィール詳細へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です