ボルダリング後のダルさ改善!! 練習の後は「糖質」補給!!

スポンサーリンク


カラダが重い・・・

すぐ眠くなる・・・

 

ボルダリングの練習後はいつもダルさを感じてしまう。

 

そんな症状がある人は、

練習後の「糖質」不足の可能性大です!!

 

ボルダリングのように筋力と脳をフルに使うスポーツでは、

練習前は勿論、練習後もエネルギー源として「糖質」を十分に摂る必要があります。

 

今回はそんな、練習後の「糖質」補給の重要性について紹介します!

・どうして「糖質」不足が練習後のダルさにつながるのか?

・本当に練習後に「糖質」補給をして大丈夫なのか?

また、簡単な「糖質」補給方法なども紹介するので、

 

「糖質」は太るから控えている・・・

 

と言う人は、今回紹介するポイントを押さえて、しっかり「糖質」を摂るようにしてください!

 

今までよりずっと効率の良いトレーニングになること間違いなしですよ!

ダルさの原因は「糖質」不足


どうしても糖質制限ブームが始まってから「糖質」は敬遠されがち。

確かに、運動量に見合っていない「糖質」の過剰摂取は肥満のもと・・・。

 

ですが、「糖質」は人間が生きていく上で欠かせない栄養素の一つ!

動いたり考えたりするための一番のエネルギー源となるので、極度に制限するのはむしろ危険。

 

ましてや、運動をしている人であれば通常よりも多くエネルギー源である「糖質」が必要です。

 

不足すればパフォーマンスも低下しますし、回復力も低下します。

 

そして、特に見落としがちなのが練習後の「糖質」補給

練習前はこれから運動するからエネルギーとなる「糖質」を摂るけど、

練習後は摂らない・・・。

 

こうして練習後に「糖質」補給を行わないことで回復力が低下し、

練習後のダルさを感じやすくなる原因となります。

 

なので、練習前と同様に練習後も「糖質」補給することが本当に重要となってきます。

 

 

練習後の「糖質」は太らない!!

練習後に「糖質」なんて摂って大丈夫・・・?

せっかく動いたのに太りそう・・・

 

練習前の「糖質」補給は大丈夫でも、練習後はなんとなく良くない気がする。

そんなイメージが何となくありますよね。

 

私もスポーツをする上で「糖質」の重要性を知るまでは、練習後やたらカロリーの低いゼリーを食べたりしていました・・・。

 

ですが、これはむしろ非効率。

練習後のカラダが必要とするエネルギーが補えず、ダルさを引き起こす原因となってしまっています。

トレーニング後は筋肉中の糖質(グリコーゲン)が減っています。

糖質は筋肉を動かすエネルギー。

そのエネルギーが減ってしまうと体はなんと

筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとします!

→筋トレしていても台無しです。

 

また、糖質を摂取すると、インスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンには血糖値を下げる効果がありますが、実はこのインスリンには筋肉の合成を手伝う機能もあるんです。

練習後すぐ「糖質」を摂っても無駄になることはないので、脂肪になることはありません。

むしろ筋肉や脳の回復するためのエネルギーとして利用されます。

 

なので、練習後の「糖質」で太る、と言うことはないです。

 

むしろ練習後は速やかに「糖質」を補給してください。

そうすることで、カラダが回復しやすくなりますよ。

 

 

「糖質」補給方法


練習後の「糖質」補給は、なるべく素早く行う必要があります。

 

練習後1時間以内には補給を済ませるようにしましょう。

 

・・・とは言っても、激しく運動をした後ってなかなか食欲って湧きませんよね。

私も、練習前にはおにぎりやパンを良く食べますが、

練習後すぐには固形物って食べる気が起きません・・・。

 

十分な「糖質」を補給したいけど、食欲はない・・・

 

そんな場合に役立つのが、

飲み物で「糖質」補給する方法!!

 

特に、プロテインにスティックタイプの砂糖を入れるのがおすすめです。

 

多い!と言われそうですが、

スティックタイプの砂糖を4本入れてください。

いきなりそんなにはって思う人も多いと思います

なので、まず1本でいいのでいれてください。

 

果物もおすすめです(バナナ)

即効性エネルギーには「果物」がいい? 糖質補給は運動の基本!!

 

手早く「糖質」だけでなく「たんぱく質」も補給できるので練習後に持って来いのメニューです。

是非試してみて下さい!

 

すでに糖質をふくんだプロテインの方がいい方は

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MD 2kg ノンフレーバー
価格:2700円(税込、送料別) (2017/4/30時点)


 

 2kgで2700円ということは

1gあたり約1.4円

一度に使う量は20-30gなので

一回のコストは30円

くらいです。

 

ダルさを引き伸ばさないためにも

せっかくボルダリングを楽しんでも、

練習後にダルさを感じるようでは気分も下がりますよね。

 

ましてや、ダルさが翌日にも続くようであればスケジュールにも影響が出てきてしまう・・・。

 

そうなっては、ボルダリングが心から楽しく感じられなくなってきてしまいすごく勿体ない!

 

そうならない為にも、練習前だけでなく練習後の「糖質」補給にも是非注意してみて下さい。

 

健康に悪影響を与えるイメージが強くなりつつある「糖質」ですが、

スポーツをしている人にとっては、

質の良いトレーニング・生活には不可欠な栄養素

 

「糖質」と上手く付き合えるようになれば、ボルダリングの上達だけでなく練習後の体調改善にも効果あること間違いなしですよ!

 

まとめ


1.練習後のダルさを引き起こすのは「糖質」不足2.練習後すぐの「糖質」は太らない!

3.プロテインに砂糖を入れるのがおすすめ

4.ダルさは日常生活にも支障あり・・・

 

 

せっかく運動したのに、「糖質」を摂るなんて・・・・

と思うかもしれませんが、

運動をする上で「糖質」って本当に重要です。

 

特にボルダリングはエネルギーの消費がかなり高い方に分類されるスポーツなので、

「糖質」不足は、確実にダルさを引き起こします。

 

今までは「糖質」を敬遠しがちだった、と言う人はこれから十分な「糖質」補給を心がけてみて下さい!

次に読んでほしい

即効性エネルギーには「果物」がいい? 糖質補給は運動の基本!!

食事の落とし穴!? ボルダリングにも役立つ「間食」4ポイント!!

水分補給遅くない?パフォーマンスが低下する水分補給していませんか?

筋トレの新常識!! 「超回復」と「食事」が理想の筋肉を作る!?

投稿者プロフィール

akikubobouldering
akikubobouldering
「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。
ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。

ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。
そんな私が、
初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。
それは日本にボルダリングを広めることにもなる。
そんな思いでサイト運営しています。

プロフィール詳細へ
スポンサーリンク

akikubobouldering

「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。 ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。 ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。 そんな私が、 初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。 それは日本にボルダリングを広めることにもなる。 そんな思いでサイト運営しています。 プロフィール詳細へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です