コーヒーは運動の救世主!?珈琲の意外な睡眠と運動への効果とは!?

スポンサーリンク


どうも、大変ご無沙汰しています

あきくぼです。

 

やっと仕事のバタバタ(主に引っ越し)が終わったので

どんどんサイト更新を進めていきたいと思います!!

 

さてさて

今回は私たちの身近なコーヒーで運動の質をぐいっと

あげる、そんな1ポイントトピックです。

(特に朝苦手、、、そんな人向けの内容です。)

 

運動の質をあげるための盲点、、、

運動に熱心な人が意外と意識できていないこと

 

それは

「睡眠」です

 

運動と睡眠は切っても切れない関係にあるんです

いわば光と影

太陽と月

酒とおつまみ

 

ボルダリングで言えば「思考」と「体力」

などなど

 

どちらか一方でも欠けていると成り立たない

そんな密接な関係にあるんです

 

私の友人でも

難しい課題ができる人ほどちゃんと睡眠とってますからね

 

ただ毎日コーヒーを飲む際にちょっとした工夫で

体の調子がよくなる、睡眠の質があがる

強いては、ボルダリングの成績が向上していく

 

そんな話題を話していきます

コーヒーだけじゃなく、運動と睡眠の関係を抑えていると

記事の内容がよりわかるので合わせて書いていきますね

 

就寝前にコーヒーを淹れよう!!

 

睡眠の質を上げる方法、

それは「寝る前に1杯コーヒーを淹れる」こと!!

 

 

“寝る子はそだつ”

 

言い古されてますが、非常に重要なことわざ。

ちゃんと睡眠をとっていないと、

 

きつい練習をしても

体力アップにつながらず

 

むしろただ筋肉を闇雲に傷つけ

最悪の場合は怪我をしてしまう、、、、

 

スポーツ選手への調査でも睡眠が足りてない選手ほど

成績がのびず、怪我をしやすいという結果がでてます

 

 

そうはいっても、

現代の社会人は忙しい!!

 

いやほんとに自分でも思います。
僕の仕事はそんな夜遅くまで作業があるってことは

多くはないんですが

知り合いのSEや教育系の会社で働くサラリーマン

帰ってもうほんとに寝るまもなく次の日がくる、、、、

 

そんな人もいます

(業種というより会社によって差はあると思いますが)

 

さて、そんな忙しい人でも

寝る前に1杯のコーヒーを淹れることはできると思います。

 

このコーヒー、飲むんじゃなくて

枕元に置いてください。

 

飲むのではなく「嗅ぐ」

コーヒーの香りを嗅ぎながらただ寝るだけ

 

それで、睡眠の質はグーンとあがるんです。

 

 

コーヒーと睡眠って聞くと

「カフェインで眠気防止」が頭の中に浮かぶと思うんですが

 

寝る前を「飲まず」に「嗅ぐ」!!

 

コーヒーの香りにはリラックス効果があり

質のいい睡眠をもたらすのです

 

細かいことをいうと

・グアマテラ

・ブルーマウンテン

が中でもおすすめ

 

コーヒーの香りが出ればいいので

コーヒーの豆かす でも大丈夫です

 

私はバリスタを使ってるので豆かすが出ない、、、

翌朝温め直して飲んでます 笑

 

仮眠前にコーヒー飲むのは〇〇が足りてない!


 

仮眠前にはヨーグルト食べてからコーヒー飲んで!!

 

さて、「シエスタ」って言葉をご存知ですか??

 

南ヨーロッパで昼食後の昼寝を指します

 

そうです、昼寝です。

 

最近は昼寝の15分が夜の睡眠の

数時間分に匹敵するほど効果があると言われて

 

学校や企業でわざわざ昼寝時間をとるところも

あるほど、、、(うらやましい)

 

昼ごはんのあと眠いですよね〜

そんな中仕事するって正直だるくて辛いんですが

 

うまく仮眠をとると

集中力がむしろあがって作業が進むんです

 

 

昼寝の仕方は簡単
1椅子に座る2机にタオルやクッションを用意

3机に伏して15分ほど寝る

 

※注意

15分以上寝てしまうと、より深い睡眠にはいってしまい

起きてからむしろ頭が回らなくなってしまう。

 

ただ、、、

実は15分寝るともっと寝たくなるんですよね、正直な話

 

だって眠いんですもん。

 

そこでよく、寝る前にコーヒーを飲んでおくと

 

コーヒーのカフェインは

飲んでから20分後くらいから働く

だからすっきり昼寝から目覚めるよ

 

なんて話があります。

 

 

僕はここに「ヨーグルト」!!

と叫ばずにはいられない。

 

なぜか。

 

カフェインの効果って90-150分で切れるんです

効果が切れたときに何が悪いかっていうと

 

急に体がだるくなってしまうんです。

それで、仕事が結局はかどらないなんてことに。

 

しかし、あらかじめ

ヨーグルトを飲んでおくと

カフェインの吸収がおだやかになり

カフェインの効果が切れるのも徐々にゆっくりになるんです

 

人間のからだは急な変化に対応できないので

ふつうは体がだるくなってしまうところ、、、

 

ヨーグルトをたべていると

それだけで、体の調子が大幅に変わります

 

 

コーヒーを飲む際にはヨーグルト!!

コーヒーを飲む際にはヨーグルトを、忘れず食べてみてください

1週間くらい試すと、その差にびっくりしますよ

 

あ、あと

コーヒーだけじゃなくエナジードリンクのときも

なるべくヨーグルトをとった方がいいです

 

 

 

運動と睡眠の(頑張り屋ほど気づいてない)密接な関係

ボルダリングのウェブサイトのくせに

どうしてここまで、睡眠のことを書いているのか

 

この作者はただ書きたい話を書きなぐってるんじゃないか

久しぶりの投稿で、何を書くか見失ったんじゃないか

 

いえいえ

運動をより楽しむためには、

質のいい睡眠が不可欠なんです。

 

熱心な頑張り屋の人ほど、睡眠を削って

練習したり

勉強してしまいがちですが

 

最低限の睡眠は確保しないと

最終的には「病気」や「怪我」となってツケが回ってきます

 

睡眠不足だと、、、
・集中力、記憶力の低下・体とあたまの疲労が回復しない

・運動パフォーマンスの低下

・メンタル面の整理がつかずちょっとしたことで落ち込みやすくなる

 

など、一例ですが害ばかりです。

 

しかし、適切な睡眠をとれば
・集中力、記憶力の向上→仕事がはかどる、早く作業が終わる、時間が増える

→運動や友人と遊ぶ、家族と過ごす時間、大切な思い出が増える

 

・体とあたまの疲労が回復

→次の日も朝からしゃっきり1日がはじめられる

→暗い気持ちになりにくくなる

→幸福を感じやすくなる

・運動パフォーマンスの向上

→いい運動は、夜自然と体を眠くするので

翌日もすっきり起きられる

→いい睡眠、いい運動の好循環

 

などいいことずくめです。

 

どうして

ここまで掘り下げて書くのかというと

 

中学の頃の私が

まさに失敗例だったからです

 

ガリ勉だった私は、睡眠時間をけずって

机にむかっていましたが

 

ぜんぜん思ったように成績がのびなかった時期があるんです

 

やってるのに、頭に残らない

やってるのに点数がのびない

 

その不安と、睡眠不足からくるメンタルの不和が

重なって、いつも沈んだ気持ちでいっぱいでした

 

そんな中

とうとう風を引いて学校を休んだのですが

1日しっかり休めたおかげで風だけじゃなく

 

気分もおおきく前向きになったんです

 

病み上がりだからと

はやめに寝るのを数日たまたま続けたら

やってない割には勉強内容を意外と覚えているし、

睡眠不足じゃないから体もだるくない

頭も痛くない

 

そんな経験をしました

詳しくがむしゃら乙レポート へ

 

だからこそみなさんには是非

なんとか睡眠時間を絞り出して

毎日運動や仕事、自分のやりたいことに楽しく時間を使ってほしいです

 

コーヒーでドーピング!?運動量アップってほんと??

 

ここではコラム的な話をしようかと。

 

コーヒーって

一時期ダイエットにいいって騒がれたことがあるんです。

 

運動の20-30分前に飲むと「脂肪燃焼効果」が

高まり、ダイエットに効果的だとか。

 

また、スポーツ選手はコーヒーのカフェインが持つ

中枢神経への影響で、「筋肉増強効果」があると報告されて

飲む人が増えています

 

ただ、正直世界レベルで1分、1秒を争う人たちが

気にかけているという話題なので

 

一般の趣味でスポーツをする人にはそんなに

関係ないと私は個人的に思っていますが…

 

コーヒーの注目成分2つ(100g中)


・カフェイン 58mg

・ポリフェノール 20mg

※ドリップコーヒーの場合

 

 

そして、カフェインってとりすぎると体には毒なので

1日の目安は

カップ3~4杯くらいです(450程度)

 

スタバでは「グランデサイズ」で

1日分ちょうどくらいですね

 

 

コーヒーで簡単毎日の運動スキルアップ


・コーヒーの香りで簡単快眠

・コーヒーはヨーグルトとセットで!!

・運動に質のいい睡眠は欠かせない

・コーヒーの運動とダイエットへの効果

 

を話してきました。

 

特におすすめなのは、寝る前に1杯のコーヒーを枕元に置くこと

簡単で、非常に効果的です。

 

寝る前のたった数分の手間で翌朝、

起床時の気分ちがいますよ

 

ヨーグルトはちょっと面倒に思うかもしれませんが

セットで食べるのが普通になると、

コーヒーだけで飲んだ時のだるさがはっきりわかるようになりました(私の経験談)

 

人間のからだって、

急な変化に弱いんですよね

 

急な糖質摂取

季節の変わり目の気温変化

夏の室内と屋内の気温差

などなど

 

1週間くらいでいいので1度ヨーグルト試してみてください。

頭うまくはたらくと仕事終わりの時間、充実しますよ〜

 

私はジム行くか、家で最近は本読むこと多いんですが

うまく睡眠が取れた日は寝るまで時間の密度高いです

 

ぼーっとして無駄に時間をすごしているときや

無理やりやる気だして作業した後は、疲れて何もできない

やりたくない、

 

そんなことが多かったので

 

ではでは今日はこの辺で

明日は、視覚的に質のいい睡眠のポイントを解説する予定です

 

 

他にも、健康に関する知識、

効果的な練習方法をわかりやすく解説した無料メルマガやってます

短時間で最大の成果を出したい人はぜひ登録を!!

投稿者プロフィール

akikubobouldering
akikubobouldering
「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。
ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。

ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。
そんな私が、
初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。
それは日本にボルダリングを広めることにもなる。
そんな思いでサイト運営しています。

プロフィール詳細へ
スポンサーリンク

akikubobouldering

「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。 ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。 ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。 そんな私が、 初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。 それは日本にボルダリングを広めることにもなる。 そんな思いでサイト運営しています。 プロフィール詳細へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です