ボルダリングの辛い痛み! 20分のアイシングで筋肉痛が劇的に楽になる!?

スポンサーリンク

 


ゲーム性もあり老若男女誰もが楽しめる「ボルダリング」!

楽しみながら筋肉も鍛えることが出来て、健康にも良く人気なスポーツです。

 

しかし、始めた人の中には

毎回トレーニング後は筋肉痛に悩まされている・・・・

という人も多いのではないでしょうか?

 

特に初心者クライマーさんはトレーニングの加減が分からず、かなり重い筋肉痛になりやすいかと思います。

今回は、そんな辛い筋肉痛を予防・緩和する方法として

・筋肉痛のメカニズム

・アイシングの効果と方法

・筋肉痛の意外な原因

について紹介します!

 

本当に辛い筋肉痛は、ボルダリングどころか日々の生活まで危うくなります。

たかが筋肉痛と思わず、正しいケア方法を知って、ボルダリングの後も楽しく過ごせるようにしていきましょう!

楽しいからこそ辛い!?筋肉痛

普段使い慣れていない筋肉を酷使することで、

筋肉が炎症を起こし、痛みが出てしまう現象が筋肉痛です。

 

ボルダリングは日常生活ではなかなか使わない筋肉も必要とされる上に、

上達が嬉しくついつい頑張りすぎてしまう・・・

 

なので、筋肉痛も辛くなりやすくなってしまいます。

かと言って、そのまま筋肉を酷使したカラダを放置していては筋肉痛が悪化する一方!

あまりに筋肉痛が辛いと次のボルダリングまでに期間が空いてしまい、上達もしづらくなり、筋肉の発達にも非効率です。

 

必ずボルダリングをした後は、正しいケアをするようにしましょう

 

トレーニング後に「アイシング」を


筋肉痛を緩和させるためにも、

トレーニング後に行ってほしいのが「アイシング」です。

 

ボルダリングなど激しいスポーツや筋トレをした後は、

傷ついた筋肉が炎症を起こしている状態です。

 

この時、何もケアをせずにいると、必要以上に熱を持った筋肉が、回復するために無駄なエネルギーを使ってしまい、余計疲れてしまい、筋肉痛は辛くなります。

逆に、「アイシングをすることで回復力は高まり」、翌日の筋肉痛はかなり緩和されます。

意外にもスポーツをする上でとっても重要なケア方法なのです。

しかも「アイシング」に必要なのは

 

氷と水だけ!

 

行うのに難しいことは何もなく、カラダの回復にも効率的なケア方法なので、

可能であれば練習後に行うようにしましょう。(面倒だと思う人は、今日は頑張りすぎたなっていう日だけでも)

 

最低でも20分、出来れば30分は「アイシング」


氷水にカラダを浸すのは正直辛いですが、

冷たいからと言ってちょっと冷やして終わりではまったく意味がありません!

 

「アイシング」の効果を得るには、

最低でも20分、出来れば30分

はしっかり冷やし続けることが必要です。

 

せっかく冷たい思いをしているのに、筋肉痛を緩和出来なければ意味がないですよね。

意外にも長い時間かと思われますが、面倒がらずにしっかりと「アイシング」するようにしましょう。

 

無駄な動きがさらに筋肉痛をひどくする

ボルダリングで筋肉痛を招く原因として、ムーブが上手くできていない可能性もあります。

特に始めのうちは全身に上手く力を閑散できず、腕に力が入りがち。

 

そうなるといくらアイシングをしていても筋肉痛を回避するどころか、

いずれ怪我を招く原因となってしまいます。

 

毎回カラダの同じ部分ばかり筋肉痛になってしまう・・・

という場合は、1か所に負担をかけるクセがついているかもしれません。

 

一度ムーブが正しく出来ているか、見直してみると良いでしょう

 

 

まとめ

 

1.              楽しいからこそケアが大切。

2.              アイシングはカラダの回復に効率的。

3.              冷たくても20分は我慢!!

4.              痛みが続いたらムーブを見直してみる。

 

ボルダリングをする上で、多少の筋肉痛は仕方ありませんが、

必要以上の筋肉痛は上達の妨げになってしまいます!

 

今までアイシングをした事がなかった、という人はぜひ試してみてください!

手間が多いので面倒と感じるケア方法ですが、

毎回感じていた痛みも和らぎ、よりボルダリングを楽しむことが出来るでしょう。

 

くれぐれも凍傷には気をつけてくださいね。

次に読んでほしい記事

ボルダリング生命の危機!? 意外と怖い指間接の痛み対処法!!

ボルダリングでカロリー消費!! ダイエットに最適なわけとは・・・?

ボルダリングで必要な筋肉は足?腕の負担を減らす重要な筋肉はここ!

ボルダリングの筋肉痛がエグ過ぎる?筋肉痛の向こうで待っているものとは?

ボルダリング後のダルさ改善!! 練習の後は「糖質」補給!!

 

投稿者プロフィール

akikubobouldering
akikubobouldering
「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。
ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。

ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。
そんな私が、
初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。
それは日本にボルダリングを広めることにもなる。
そんな思いでサイト運営しています。

プロフィール詳細へ
スポンサーリンク

akikubobouldering

「運健導幸(うんけんどうこう)」がモットーのアマチュアクライマー。 ボルダリングの魅力にひかれるも、人見知りから寂しく上達しない練習期間を過ごす。 ある日をきっかけに他のクライマーと交流し、さらに競技魅力へはまりました。 そんな私が、 初心者が上級者に声をかける勇気になるようなコンテンツを目指してサイト作成をしています。知ってることが増えれば、少なからず勇気の足しになるはず。 それは日本にボルダリングを広めることにもなる。 そんな思いでサイト運営しています。 プロフィール詳細へ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です